ホームページを作るときに使える”伝わる”キャッチコピー

売りを考えて、端的に伝えるものがいい

キャッチコピーは何を言っているかが直感的に伝わるものがいいです。ホームページの場合は情報を提供するツールなので、キャッチコピーで伝わらなかった部分の情報を補完的に提供することもできます。そのためキャッチコピーは心を掴むものがいいのです。心に残れば、ホームページをさらに見てみようと思うからです。キャッチコピーが心に伝わらなければ、サイトを読み進むことが無くなります。情報を探している人は売りが端的に伝わったら、ホームページから欲しい情報をさらに探そうとします。最初に目にするキャッチコピーは、何がそこにあるのか分かる言葉で伝えることが重要です。難しい言葉や難解な言い回しは必要ありません。単純で簡素な言葉でもいいので、伝わるものにすると良いでしょう。

最大限に売り文句を伝えること

誇大広告がネットの世界では多く見受けられますが、ホームページの場合にはそのようなことをする必要はありません。売りを最大限に伝える言葉を選ぶだけでいいです。キャッチコピーだからといって嘘やまぎらわしい言い回しを使うことが無いようにしないと、誠実さが見る人に伝わらなくなります。ホームページで伝えたい情報をより深く理解してもらうためには、キャッチコピーにこだわりすぎないこともポイントです。キャッチコピーにこだわりすぎると、中身と離れてしまうことがあるからです。そうならないように凡庸なキャッチコピーでもいいので、誠実なものを作ることを勧めします。嘘、大げさ、まぎらわしい広告は見る人のためにはなりません。見る人の立場に立って、役に立つ情報を盛り込んだキャッチコピーの方が最終的には誠実な姿勢を示すことができます。

ホームページ制作を格安に済ませるには、一からサイトを作るのではなくテンプレートを上手く活用しましょう。